彼の家の裏山には、既に使われなくなった火葬場跡がある。 オカルト遅報
山で薪を拾っていた。 強い日差しの下で腰を屈めていると、フッと日が陰る。 オカルト遅報
空一面の黒雲から、一本の真っ直ぐな、白く輝く柱が地に突き刺さっていた。 オカルト遅報
渓流釣りに出かけ、夢中で山女を追いかけていた 気がつくと深く入り込んでしまったらしい オカルト遅報
山の中の現場も終わり帰ろうとすると現場の爺さん連中に呼び止められ 「これ舐めてみろ」焼肉のタレみたいな物を小皿で出された オカルト遅報
おや? この雨って妙に粘々しているような気がする。 オカルト遅報
ウチの実家周りは鬱蒼とした竹藪に囲まれている。 小学校の頃には基地とか作って竹藪で遊んでた。 オカルト遅報
「小汚いおじいちゃん」がにこにこ釣りを見てるからワンカップ出して「飲まいん」と封をあけて渡してあげた オカルト遅報
昔四国石鎚山麓にあるおいのかわというところでよく怪異に出くわしたと話してくれました オカルト遅報
テントでの泊りがけの渓流釣りで「火の玉?」を見たという オカルト遅報
山の神が怒ってるんだ オカルト遅報
【切ない体験】土砂崩れや風化により、今では誰も歩かなくなった道に10人以上のパーティを 視界の端に捉えた。 心霊-都市伝説ナビ-
清流の向かい側を小人(20cm位?)が歩いていった 「えっ?」と思い、何故かポケットの飴を剥いて投げてみた オカルト遅報
【不思議体験】高校の部活で、キャンプしていた時真夜中に場違いな、しかし美しいメロディーがキャンプ地に響き渡った 心霊-都市伝説ナビ-
執拗に「石か?糸か?」をボソボソと繰り返し彼にずっと聞いている。 オカルト遅報
【不思議体験】今、誰かこの山に踏み入ってきた。多分、三人。○○沢の方から 心霊-都市伝説ナビ-
【恐怖体験】嫌な感じがする、いかにも死体だけ捨てに来るような場所だ引き返したい 心霊-都市伝説ナビ-
霊酒 オカルト遅報
【恐怖体験】裏山を散策していた彼の行く手に、小さな子供の後ろ姿が現れた。 心霊-都市伝説ナビ-
白い棺を抱えた黒服が数名降りてきた。 彼らを見た彼女は、奇妙な感じを受けた。 オカルト遅報
【不思議体験】道を一人歩いていて、葬儀の列と行き会うことがあれば、決して仏の名前 を確認してはいけないのだと言われている。 心霊-都市伝説ナビ-
冬季、遭難者の遺体が発見されたという噂さえあるトイレが 真っ暗というのは、どうも落ち着かない。 オカルト遅報
【恐怖体験】視界の隅に白い物が見えたと思った途端、柔らかい物に飛び掛かられた。 心霊-都市伝説ナビ-
決して後ろを振り返ってはいけない。バックミラーも覗いてはいけない オカルト遅報
【恐怖体験】「誰か来たっ!」 喜んで顔を上げた彼の目の前に、ずんぐりとした、何とも奇妙な者がいる。 身の丈は一メートルもないだろう。 心霊-都市伝説ナビ-
夜、足音やドアを叩く音が聞こえても、開けないでね オカルト遅報
【高知県の不思議体験】昔、山に『山じじい』(山爺)という妖怪がいた。そういう記録がたくさん残っている。 心霊-都市伝説ナビ-
東海地方G県の山中でラリーの大会があり、途中で1台の車が行方不明になりました。 オカルト遅報
【恐怖体験】夕方、かくれんぼうをして遊んでいると、かくれ座頭というじいさんが出てきて、『かくれ里』という、誰にも入れない世界に連れていくという。 心霊-都市伝説ナビ-
おかしな事に、途中の村営のスーパーで仕入れた具材のうち、本日のメイン “山女”だけがきれいさっぱり消えている。 オカルト遅報
【都市伝説】伝説小夜の中山夜泣き石 心霊-都市伝説ナビ-
淵の中ほどで、ドンッと軽い衝撃がカヌーを揺らした。 何かが水中で体当たりをしてきたかのような。 オカルト遅報
【恐怖体験】わたしが学生の頃、盆地で田舎だったから自分達の恰好の遊び場と言えば 車に乗って山道をあてもなくドライブすることだった。 心霊-都市伝説ナビ-
行く手の道上にちょこんとした小さな影一つ。 近よってみると、妙に古臭い服を着た子供だった。 オカルト遅報
【恐怖体験】彼は今でも一人で、その山に山菜狩りに出かけている。 しかし、絶対に必要以上の量は採らないのだという。 心霊-都市伝説ナビ-
通い慣れた、地元の山道を歩いていた時のこと。 その日は朝から、ひどく濃い霧が出ていたという。 オカルト遅報
【不思議体験】峠の開けた場所で、不思議な物を見かけた。 白くて長い、ヒラヒラとしたリボンが二本。 風もないのに、彼女の頭の上をゆったり漂っている。 心霊-都市伝説ナビ-
山道を歩いていると、後ろからザリッザリッと砂利を踏む音が聞こえてきた。 オカルト遅報
【不思議体験】彼の故郷の山には、ツクシオニなる物の怪が出たという。 心霊-都市伝説ナビ-
儂も雨宿りさせてくれんかの オカルト遅報
【切ない体験】瀬戸内の小島で傍らで痩せた犬が一匹、尻尾を振っている 心霊-都市伝説ナビ-
アガザル オカルト遅報
【恐怖体験】顔馴染みのタクシー運転手に「山越えのルートを避けていいですか?」 心霊-都市伝説ナビ-
ジュースかなんか買おうとして自販機いくと、サンプルが一つもない。 オカルト遅報
【恐怖体験】獰猛な肉食獣で、獲物を一口に呑み込んでしまうことから、ヒトクチと、この呼び名がついたそうだ。 心霊-都市伝説ナビ-
ボトッと潰れた重い音がした。硬い缶の立てる音ではない。 何が落ちた? オカルト遅報
【不思議体験】祖父の部隊がある山中を行軍中、 戦友数人とともに夜間斥候(偵察)にでたとき 心霊-都市伝説ナビ-
山菜摘みに地元の山へ入った時のこと。 頭よりも少し高い梢から、黒い蛇が鎌首を覗かせているのに気がついた。 オカルト遅報
【切ない体験】人柱供養堂 心霊-都市伝説ナビ-
送電線の鉄塔を過ぎる辺りで、カンッという硬い音が聞こえた。 オカルト遅報
次のページ
x