日曜に子供を連れ、ハイキングに行った。 半分程登った所で、子供が突然手を振り出した。 オカルト遅報
ひらひらと舞い降りてくる雪片を眺めていると ふいにその動きが止まり、中空に静止してしまった。 オカルト遅報
原生林の小山で展望台へ上る山林道に入ったときだった。 オカルト遅報
ある黄昏時、いつものように公園で一人佇んでいるとすぐ横をタタタッと、まるで幼子が駆けていくような音がした。 オカルト遅報
夏場、父と山にクワガタとりにいったときものすごい悪臭が周囲にただよっていた オカルト遅報
庄屋様の使用人が道脇にしゃがみ込んでいる老人を馬の背に乗せ帰り道を急いだ。 オカルト遅報
山から小僧が降りてきたら、その日はもう帰れ オカルト遅報
おかしな声で鳴く鳥がいるものだな オカルト遅報
ある黄昏時、いつものように公園で一人佇んでいると。 すぐ横をタタタッと、まるで幼子が駆けていくような音がした。 オカルト遅報
山っていっても鎌倉の源氏山での話。 小学生の時に遠足であのあたりをハイキングしたんだけど 切り通しって道歩いていて、所々崖がくりぬいてある。 オカルト遅報
じゃんけんで負けた者を木に縛って置いて行こう オカルト遅報
山に入ってすぐに、連れていた猟犬が興奮して走り出し暗い森の奥から犬の悲鳴が聞こえた。 オカルト遅報
いつものように調子良く飛ばしてたら40~50才ぐらいで小汚い作業服を 着たおっさんのふらふら歩いてる後姿がみえた。 オカルト遅報
山から小僧が降りてきたら、その日はもう帰れ オカルト遅報
ワンワンっ!ガウガウっ! と猛り狂う様な犬の吠える声が聞こえてくる オカルト遅報
夕暮れ、茜色に染まる薄野原を歩いていた時のこと。 すぐ側でガサガサと音がするので、何かなとそちらに向かってみた。 オカルト遅報
慌てて顔を上げた彼の前には、大きな一頭の奇妙な猪がいた。 身体中が黒と灰色の斑毛で覆われている。 オカルト遅報
幼い従姉妹と遊んでこいと言われた彼女は、勝手知ったる裏山へ出かけた オカルト遅報
山村に住む母親が、入院施設のある市内に入院した知人がいた オカルト遅報
四つ葉のクローバーを探していた小学生の私を見て 母がクローバーのある所に連れて行ってくれると言った オカルト遅報
馬鹿でかい慰霊碑の前では呼吸が苦しく、顔を上げることさえ できなかった。 オカルト遅報
一昔前に「オオクワガタ」が流行り、大きいのだと数十万~という値段がついてた オカルト遅報
ただの宿舎ではない 「出る」ので有名で、昔、「遊女」が病気になると 「生きたまま捨てられた」という場所の近く オカルト遅報
「ボク食べたら死にますよ~!」的にベニテングダケが生えていた オカルト遅報
彼の家の裏山には、既に使われなくなった火葬場跡がある。 オカルト遅報
山で薪を拾っていた。 強い日差しの下で腰を屈めていると、フッと日が陰る。 オカルト遅報
空一面の黒雲から、一本の真っ直ぐな、白く輝く柱が地に突き刺さっていた。 オカルト遅報
渓流釣りに出かけ、夢中で山女を追いかけていた 気がつくと深く入り込んでしまったらしい オカルト遅報
山の中の現場も終わり帰ろうとすると現場の爺さん連中に呼び止められ 「これ舐めてみろ」焼肉のタレみたいな物を小皿で出された オカルト遅報
おや? この雨って妙に粘々しているような気がする。 オカルト遅報
ウチの実家周りは鬱蒼とした竹藪に囲まれている。 小学校の頃には基地とか作って竹藪で遊んでた。 オカルト遅報
「小汚いおじいちゃん」がにこにこ釣りを見てるからワンカップ出して「飲まいん」と封をあけて渡してあげた オカルト遅報
昔四国石鎚山麓にあるおいのかわというところでよく怪異に出くわしたと話してくれました オカルト遅報
テントでの泊りがけの渓流釣りで「火の玉?」を見たという オカルト遅報
山の神が怒ってるんだ オカルト遅報
【切ない体験】土砂崩れや風化により、今では誰も歩かなくなった道に10人以上のパーティを 視界の端に捉えた。 心霊-都市伝説ナビ-
清流の向かい側を小人(20cm位?)が歩いていった 「えっ?」と思い、何故かポケットの飴を剥いて投げてみた オカルト遅報
【不思議体験】高校の部活で、キャンプしていた時真夜中に場違いな、しかし美しいメロディーがキャンプ地に響き渡った 心霊-都市伝説ナビ-
執拗に「石か?糸か?」をボソボソと繰り返し彼にずっと聞いている。 オカルト遅報
【不思議体験】今、誰かこの山に踏み入ってきた。多分、三人。○○沢の方から 心霊-都市伝説ナビ-
【恐怖体験】嫌な感じがする、いかにも死体だけ捨てに来るような場所だ引き返したい 心霊-都市伝説ナビ-
霊酒 オカルト遅報
【恐怖体験】裏山を散策していた彼の行く手に、小さな子供の後ろ姿が現れた。 心霊-都市伝説ナビ-
白い棺を抱えた黒服が数名降りてきた。 彼らを見た彼女は、奇妙な感じを受けた。 オカルト遅報
【不思議体験】道を一人歩いていて、葬儀の列と行き会うことがあれば、決して仏の名前 を確認してはいけないのだと言われている。 心霊-都市伝説ナビ-
冬季、遭難者の遺体が発見されたという噂さえあるトイレが 真っ暗というのは、どうも落ち着かない。 オカルト遅報
【恐怖体験】視界の隅に白い物が見えたと思った途端、柔らかい物に飛び掛かられた。 心霊-都市伝説ナビ-
決して後ろを振り返ってはいけない。バックミラーも覗いてはいけない オカルト遅報
【恐怖体験】「誰か来たっ!」 喜んで顔を上げた彼の目の前に、ずんぐりとした、何とも奇妙な者がいる。 身の丈は一メートルもないだろう。 心霊-都市伝説ナビ-
夜、足音やドアを叩く音が聞こえても、開けないでね オカルト遅報
次のページ
x